カードローン審査を攻略せよ

《どうしてカードローンの審査に落ちちゃうの?》

カードローンの審査が通らなくて困ってしまった経験はありませんか?
実はカードローンの審査には意外な落とし穴があります。そんな落とし穴をかいくぐって、カードローンの審査を通る秘訣をご紹介いたします。もちろん、100%とは言い切れませんが、できる限り審査に通過する確率を落とさないためには何をすべきかを考えていきましょう。


《信用こそが一番のテーマ》

審査に落ちるのも当然理由があります。この理由を考えていく事から始めていきましょう。
そもそも担保というシステムがカードローンには存在しません。これは、カードローンは利用している人の信用を担保としているということなのです。
その審査に落ちるということは、信用してもらえなかったということなのです。
では、その信用にはどのような要件が必要なのでしょうか?


《信用されるための属性》

信用されるためには、以下の属性が必要とされています。
① 年齢
② 勤続年数
③ 職種
④ 勤務先の規模
⑤ 年収
⑥ 居住年数
⑦ 住居形態
⑧ 家族構成


《信用できるか否かを判断するために》

○スコアリング
この属性を得点化(スコアリング)して、その得点が一定の基準を超えることが出来ればカードローンの審査を通過することができるのです。

○個人情報のチェック
我々はプライバシーの権利によって保護されていると思うのは大間違いです。
いくらプライバシーの保護といっても、カードローン会社は申請者の状況が分からなければ判断できません。そのために個人信用情報センターという機関から申請者の使ってきたカードローンの状況をチェックします。
例えば、延滞や強制解約などがあると減点されてしまい、審査に通りにくくなります。逆に、毎月延滞なく支払を行なっていれば加点され、審査に通りやすくなります。

○人が見て判断
現在ほとんどがコンピュータによって審査をスコアリングと個人情報のチェックによって行なっています。
しかし、その中でも怪しいとクレジット会社側が判断してしまう申請者の場合は、クレジット会社側の人によって落とすということになります。

以上の3点を総合的に判断して審査結果を決めます。


《審査に通るために》

総合的な判断で審査されるのであれば、当然、総合点を下げないということです。

○スコアリングで得点を維持
①年齢
一般的に20代後半から60代までは点数が高くなっていきます。逆に定年を迎えると点数が低くなっていきます。
学生の場合は、青田買いなどをして、優良顧客になる可能性があるので点数を上げてくれるケースがあります。

②勤続年数
勤続年数は長ければ長い程点数が上がります。
勤続年数が短ければ短い程点数は下がります
とくに自営業の場合は勤続年数の得点の影響は大きくなります。
その結果、自営業をする場合は、独立前の方が有利ということになります。

③職種④勤務先の規模
点数を上げるためにとても重要な要件です。
一部上場企業に勤めている人は高く、零細企業に勤めている人は低くなってしまいます。
正社員→契約社員→派遣社員→フリーターの順で低くなっていきます。

⑤年収
大きければ大きいほど良いのですが、自己申告制のため、虚偽の記載もあるそうです。

⑥居住年数⑦住居形態
持ち家→社宅→賃貸の順で得点が低くなっていきます。
自己所有の持ち家だからといって100%有利ではありません。年収が低い場合で、住宅ローンを組んでいる場合などは、経済的に厳しいこともあり、一概に持ち家有利とは言えません。

⑨家族構成
一般的には結婚をしていれば社会的信用が高いとされています。
ただし、データによって特定の年代の独身は点数が高くなったりする例外があります。
30代~40代の独身男性などは、仕事でもある程度の役職につき収入が増えるころですので、使えるお金が多いため得点が高くなります。

上記に基づいた得点をうまく利用すること、そして、延滞をしないことこそがカードローン会社の審査に落ちにくくするコツです。